せふれは割りきった関係だと意識させよう

せふれは、割りきりの関係です。割りきりの関係とは、セックスはしても恋人のようにお互いのプライベートに干渉せずに付き合うことです。だからこそ、例えば片方がコンパにいったり、他の異性と遊んでも何もいってはいけません。さらに、その関係もいつでも切れてもいいという関係でもあります。だから、終わるときは一方的に終わっても文句は言えませんし、駄々をこねてもいけません。さらに、セックス以外の時は会わなくてもいいというのも納得しなければなりません。

恋愛感情を持ちにくい相手を探すこと

割りきりの関係はせふれの上では、とても大切です。その割りきりを意識させた方が実は、せふれを続きやすくなるのです。というのも、セックスをしておくと、体を重ねていることから恋愛感情を抱きやすくなります。特にあまり恋愛経験が少ない人がせふれになると、そうなりやすいです。また、せふれを探すときにも、相手に恋人や配偶者がいるほうが、その相手に恋愛感情は持ちにくいはずです。つまりは、せふれを探すときから、割りきりの関係とわかってくれる相手、そして恋愛感情を持ちにくい相手がいいのです。

割りきりの関係を常に意識させること

割りきりの関係だと、相手に意識させることは、とても必要です。誤って相手が恋愛感情をもつと、関係が重くなったり、時にはストーカーの問題にもなります。
では、どうやって意識させたらいいでしょうか。
まずは、会話やメールです。友だちや恋人のようにメールを頻繁にするのはよくありません。会う約束をとりつけるだけのあっさりしたものにしましょう。せふれのことがバレないようにするためにも、頻繁なメールはリスクが高いのです。また、メールの内容も抑えて、短文にした方が良さそうです。次は会話です。あまり、プライベートなことを相手には教えないほうがいいです。またよくいく場所やお店を教えていると、プライベートを知ったからと親しみを感じたりして、そのうちに好意をもつことにもつながりかねません。プライベートなことを隠しておくと距離感も感じるので、割りきりの関係を意識させられるでしょう。
あと、セックスですが、あれこれと色々試してみるのもいいことです。しかし、もし、あなたがセックスが上手かったり、何でもしてあげるとなると、だんだんと気持ちいいからとあなたとのセックスから離れられなくなります。特に女性でセックスのテクニックがすごかったり、また何でも受け入れてどんなプレイでもしていたら、男性は割りきりの関係を忘れてしまい、女性とのセックスにはまるようになります。そうなると、逆に危なくなります。
ですので、あまりテクニックを出さずに、また何でも受け入れるというのは止めましょう。こんなプレイをしたいといってきたら、時々は断ったり、前回やったプレイや愛撫でも忘れたふりしてやらなかったりすると、相手もちょっと期待はずれや快楽も減ったりして、あなたへのセックスへの依存も薄れるでしょう。やりすぎると、せふれの関係を切られるので、ほどほどにしたほうがいいのです。

あまり頻繁に会わないこと

せふれの関係もセックスしたいからと、頻繁に会うと好意を持たれやすくなります。会う回数が多いほど、親しく感じて好意を持つのが心理学的にもあります。例えば、時間があるからと毎週会っているとやはり、割りきりの関係を忘れてしまい、恋愛感情になってしまいやすくなります。ですので、相手から誘われても時々は断るようにしましょう。そうすれば、相手もあなたと、セックスすること以外にも自分の次官を持ち、あなたへの依存も薄れるはずです。

最後に

割りきりの関係を常に意識させることが、せふれではいい関係が作れます。また終わるときにもスムーズにいくものです。さらにはあなたも相手には依存しなくなります。割りきった付き合いかたを実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です